足水虫

症状

次の3タイプに大きく分かれますが、複数のタイプが混在することもあります。また、かゆみがないこともあります。
趾間型:足の趾の間のが赤くなって皮がふやけたりただれてジメジメしたり皮膚が白くふやけたりします。夏場に悪化します。
小水疱型:足の裏や、側面などに細かな水ぶくれができて周りが赤くなります。小水疱が目立たず赤くなって薄く皮がむけるだけのことがあります。小水疱ができた時には強いかゆみがあります。夏に悪化します。
角質増殖型:足の裏が全体にガサガサして厚くなりぽろぽろと皮膚がむけたりかかとがひび割れてあかぎれのようになります。ひどくなると痛みがでます。乾燥したたり汗をかかなくなる冬に悪化します。全くかゆみの無いものもありみずむしだと気づかず年齢のせいであれるようになったと誤解してそのままにしている方が多いです。爪白癬を合併していることが多いです。

みずむしの原因

水虫は白癬菌というカビの仲間が皮膚に寄生して起こる感染症です。白癬菌は皮膚の表面をおおっている角質に含まれるケラチンを栄養源としているため足以外にも体のどこでも寄生する可能性があります。診療では検査で菌の存在を証明してから治療するのが望ましいです。お子様にも感染することがありますがお子様の水虫はほぼ100%家族内感染で両親や祖父母から感染することがほとんどです。

みずむしの診断

水虫はかどうか診断するにはピンセットやメスで疑わしい場所のむけた皮膚を取ったり削ってその中に白癬菌がいるかどうか顕微鏡を使って調べます。

治療と予防

抗真菌薬の外用薬で治療します。
角質増殖型では内服薬での治療が第一選択です。
・中途半端な治療では再発するので、徹底的に治療する必要があります。
家庭内での感染に注意しましょう。白癬菌が一度爪の中に入るとなかなか出ていきません。白癬菌の貯蔵庫となっていつまでも足白癬が治らなかったり家族や周りの人に移す可能性があります。

家族全員で治療しましょう

家族の中でご自身以外にも白癬にかかっている方がいればその方からも白癬菌がばらまかれています。その方も一緒に治療しないとご自身一人だけが治療しても再発や再感染の恐れがあります。家族全員で治療しましょう。

日常生活での注意点

・足の趾の間まで念入りに洗い、洗った後は乾燥させましょう。
・バスマットやスリッパの共用は避けましょう。
・床畳絨毯はこまめに掃除しましょう。

薬は医師の指示通り根気よくきちんと飲みましょう

水虫を治すうえで一番必要なことは根気良く治療を続けることです。水虫は1週間くらい薬を飲んで治る病気ではありません。特に飲み始めてすぐは効果が認められませんのでそこで効き目がないからと言って中断することのないようにしましょう。