ニキビ

症状

ニキビは、かゆみがあることもありますが、 炎症が強ければ、痛みが出ることもあります。ニキビは症状によって名前がかわります。白ニキビは、脂のかすがたまり、出口が閉じているニキビです。黒ニキビは、芯が空気と反応することにより黒くなったニキビです。赤ニキビは、さらに進行して赤く炎症を起こしたにきびです。化膿が進むと黄ニキビと呼ばれるニキビになります。ニキビの症状が進むにつれて、ニキビ跡が残りやすく、ニキビが治りにくくなります。ニキビは、前額が最も多く、年齢が上がるにつれて、頬、下顎に多くなってきます。

原因

ニキビのできる原因は主に以下のものがあります。
1 過剰に皮脂が分泌される
思春期における性ホルモンの変動、とくに男性ホルモン(女性でも副腎で産生される)であるアンドロゲンの作用により皮脂腺の分泌が多くなり、ニキビができやすくなります。
2 毛穴の出口が角化してつまる
遊離脂肪酸の刺激により毛穴の出口に角化が起こりニキビができやすくなります。
3 ニキビ菌(アクネ菌)の増殖
その他の悪化の要因は、気になって皮疹に触ること、睡眠不足、毛髪で皮膚がこすれる髪型、精神的ストレス、女性では月経前、ファンデーションなどの毛穴がつまりやすい化粧品などがあります。

治療方法

治療法は薬物療法(外用薬と内服薬)が中心になります。
ニキビの段階や症状によって使用する薬が変わってきます。診察したうえで抗菌薬の塗り薬、飲み薬などを選択します。様々な薬がありますので医師の診断を受けて治療するようにしましょう。

ニキビをきれいに治すポイント


・紫外線対策
紫外線は肌に負担をかけるた め、ニキビが治りにくくなってしまうことがあります。外出するときは、日焼け止めや帽子、日傘を使用しましょう。
・スキンケア
余分な皮脂を取り除き、皮膚を清潔に保ちましょう。乾燥する場合にはノンコメドジェニックな保湿剤や化粧水、乳液などで保湿をしましょう。
・食事
極端なダイエットをしたり、偏食をしたりして食事の栄養バランスが崩れるとニキビは良くなりません。栄養バランスのとれた食事をとりましょう。
・睡眠
睡眠不足や不規則な生活は、ホルモンバランスを崩します。ストレスの少ない規則正しい生活を心がけましょう。

ニキビは一人で悩まない


ニキビが気になったら、皮膚科の医師にご相談ください。ニキビの状態に合わせた効果的な塗り薬があります。ニキビ用の塗り薬を塗ると、かゆみやヒリヒリ感があらわれる場合もありますが、適切な対処で治療を続けることができます。 皮膚科の先生に相談し、先生と二人三脚で治しましょう。

ニキビ痕


凸凹のあるニキビ痕を治すには、とても時間がかかってしまいます。ニキビ痕になる前に、しっかり治療をしましょう。

凸凹のあるニキビ痕を治すには、 とても時間がかかってしまいます。 ニキビ痕になる前に、 しっかり治療をしましょう。