悪性黒色腫

症状

足底などにできたほくろのようなものが次第に拡大し、皮膚の隆起腫瘤をつくり、潰瘍になります。増殖が早く転移も早い危険な悪性腫瘍です。

原因

皮膚の色素細胞が紫外線や外傷を原因に悪性化し、腫瘍化すると考えられます。50歳代から多発しますが、若い人にできることもあります。

治療と予防

外科的切除を行いますが、疾患部位やがんの進行度によっては化学療法も行われます。

一言アドバイス

ほくろなどと見分けが難しいことがあります。早期に治療すれば治療効果も高いので、医師の診察を受けましょう。