帯状疱疹

帯状疱疹の原因

帯状疱疹は水ぼうそう(水痘)と同じウイルスが原因で発症します。こどものころに水ぼうそうにかかると治った後も長期間神経に潜伏してしまいます。疲れやストレスなどで体の抵抗力が落ちるとそのウイルスが突然暴れだすのです。痛みとともに帯状疱疹が現れます。高齢者に多くみられますが、小児にも発症します。一生に一度しか発病しないといわれていますが二度かかる方もまれにみられます。

症状

最初はチクチクした痛みが起こり数日するとその部分が赤くなりやがて水ぶくれになってきます。2週間ほどすると水ぶくれがかさぶたになります。かさぶたが取れると治りますがひどいときは潰瘍になります。痛みは急激に強くなり1,2週間続きます。高齢者・糖尿病や膠原病で免疫力が落ちている方・抗ウイルス薬の投与が遅れた方などでは後遺症で痛みが残ることがあります。これは帯状疱疹後神経症と呼ばれ治療を続ける必要があります。

帯状疱疹が起きやすい部位

帯状疱疹ウイルスは潜んでいる神経に沿って皮膚に症状が現れます。症状のできる部位は患者様によって違いますが顔面、胸から背中、腰から足などの片側に多く発症します。耳の近くにできると顔面神経麻痺をおこすハント症候群になることがあります。

治療と予防

・抗ウイルス薬の内服や塗り薬を処方します。あわせて痛みに対する治療を行います。
・免疫の低下の原因となるストレスや疲れをためないことが大切です。

感染する可能性があります。

水ぼうそうにかかったことのない方に接触するとうつしてしまう可能性がありますので注意が必要です。赤ちゃんや妊娠している方、まだ水ぼうそうにかかっていない方との接触は気を付けてください。

日常生活の注意

・睡眠と栄養をよく取ることが大切です。帯状疱疹は体が疲れて休息を求めているサインですのでこれを機会に養生するくらいのつもりで休みましょう。
水疱が破れてただれている間はお風呂屋やシャワーはひかえましょう。ジュクジュクしていなければお風呂に入っても大丈夫です。水疱を破ったりかさぶたははがさないようにしましょう。

一言アドバイス

高齢の方では、水痘ワクチンの接種も予防に有効です。