うおのめ(鶏眼けいがん)・たこ(胼胝べんち)

うおのめ

鶏眼という病名であり、非炎症性角化症で慢性的な物理的な圧迫により角化をきたしたものです。足の裏の角質が固くなりくさび状に深く食い込みます。芯のようなものができこれが神経を刺激して歩くときに痛みをもたらします。いわゆる「魚の目」です。

原因

足のサイズ形に合わない靴やヒールを履いたり、姿勢や歩行時のバランス・長時間の歩行などで発生します。うおのめができる部分は常に刺激がある部分です。うおのめの痛みが出ることで歩行が難しくなることがあります。

治療と予防

治療では、「鶏眼を削る」ことが基本です。角質を軟化させる貼り薬などを使用し柔らかくなったところを削り取る治療を行います。ウイルス性のイボ尋常性疣贅などと鑑別が必要です。
・予防では、きちんと足のサイズや形に合った靴を履く、正しい歩き方をすることです。
また、適切な靴の中敷きの作成が必要な場合もあります。

たこ

タコもうおのめと同じ原因で生じますが角質が一様に黄色く厚くなっているため痛みはほとんどなくむしろ感覚が鈍くなることがあります。

原因

圧迫や摩擦などの機械的刺激が繰り返し起こる部分でよく発生します。その人の癖や生活習慣などで様々な部位に生じますがペンによるペンだこも胼胝の一種です。たこに痛みが伴う場合はバイ菌が感染している可能性がありますので要注意です。そのほか座りだこ、吸いだこなどがあります。

治療と予防

軟膏の貼り薬で柔らかくした後に削り取る治療を行います。