口唇ヘルペス

口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスはくちびるやその周囲に小さな水ぶくれができます。
単純ヘルペスウイルスというウイルスに感染することで起こる病気です。直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルや食器などを介しても感染しますので、家族間での感染が多いです。このウイルスは一度感染して免疫をもっていても、再感染や再発を繰り返すことが特徴で、大人に見られる口唇ヘルペスのほとんどは再発で、年に1~2回程度再発する場合が多いようです。
単純ヘルペスウイルスには1型と2型の2つのタイプがあります。1型はくちびる、顔面などの上半身に、2型は性器を中心とする下半身に主に発症します。
子どものうちに単純ヘルペスウイルスにはじめて感染すると(これを初感染と言います)症状がほとんどないか、あっても軽いのに対し、大人になってから、初めて感染すると症状が重症化することがあります。なお、1型に対する抗体をもっていると2型にも感染しにくく、発症しても軽症で済む場合が多いです。

症状

前駆症状
水ぶくれが現れるのに先立ち、皮膚にピリピリ、チクチク、ムズムズなどの違和感、かゆみ、ほてり、痛みなどを感じることがあります。再発を繰り返している人は自分でわかることが多いようです。
皮膚症状
前駆症状の後、口唇や口の周りなどの一部が赤くなり、その上に小さな水ぶくれができます。患部には軽いかゆみやほてり、痛みなどを感じます。水ぶくれがやがてかさぶたとなって、10日~3週間くらいでおさまってしまいます。また、同じヘルペスウイルスが原因で、口内炎の症状が出る場合もあります。初感染か再発か、体調のよしあしなどの要因で症状の程度は異なります。
初感染の場合
広範囲に5mm位までの水疱が多発します。発熱したり、あごや耳の周囲のリンパ腺が腫れたりすることも多いです。
再発の場合
一般には口唇や口のまわりの一部分に限局し、軽症のことが多いです。
アトピー性皮膚炎の方の場合
皮膚のバリア機能が低下しているので、皮膚から感染して、掻くことで広げてしまい症状がひどくなることが多いので特に注意が必要です。初感染と同様、発熱したり、リンパ腺が腫れたりすることもあります。

治療方法

抗ヘルペスウイルス外用薬内服抗ヘルペスウイルス薬で治療します。抗ヘルペスウイルス薬は症状が出たら、できるだけ早い時期に治療を始めるのが望ましいとされます。通常は5日間内服すれば十分で完全に治るまで服用する必要はありません。
しかしながら重症の場合や内服薬が効かない場合には内服薬の変更や点滴注射、入院治療が必要になることがあります。
単純ヘルペスは皮膚にあとを残さないのが特徴ですが、体の抵抗力が低下している人ではえぐれた跡が残ることもあります。また周囲のリンパ節がはれることもあります。

抗体を持っていない人が増えています。

以前はほとんどの人が乳幼児期に周囲の人のとの接触により1型に感染して抗体を持っていましたが衛生状態の改善や核家族化の影響で30代の方でも半数くらいしか抗体を持っていません。大人の初感染は重症になりやすいです。

再発のきざし

口唇ヘルペスは再発しやすく年に1、2回でることがあります。通常は再発のたびに軽症化し水膨れは小さくなり患部も狭い範囲でおさまります。赤く腫れて水膨れができ始める前に唇や鼻の周りがぴりぴり、ちくちく、むずむずなどの再発のきざしがあるため再発することが自分でわかります。

日頃の健康に気を付けましょう

口唇ヘルペスは精神的、肉体的にストレスにより体力や抵抗力が落ちているときに再発することが多いためバランスのより食事十分な休息、良質な睡眠を心がけてください。

人との接触に注意しましょう

症状が出ているときはウイスる量が多く感染源になるので人との接触は避けるようにしてください。相手が抗体持っていて抵抗力がある場合には発症しないか軽症で済むことがありますが以下のケースでは重症化しやすいため注意が必要です。
・新生児
免疫機能が未発達なので全身に強い症状が出るためキスなどは避けてください。すでに母親が抗体を持っている場合は重症化しません。
・抗体を持っていないパートナー
オーラルセックスで相手に性器ヘルペスを発症させる危険性があります。初感染の性器ヘルペスは重症化するので気を付けましょう。抗体を持っているかどうか気になる人は検査を受けるといいでしょう。
・アトピー性皮膚炎の人
皮膚にバリアーがないので皮膚に触れると簡単に感染し重症化します。
・病気などで免疫機能が低下している人
白血病、悪性腫瘍、移植手術後などの患者さんに対してはお見舞いも控えましょう。

患部に触れないように

自分自身も患部に触れて感染するのでむやみに触らないように気を付けてください。特に目に感染すると角膜ヘルペスになり失明する危険性がありますので以下の点に注意しましょう。
・患部に触れた手で目を触らない
・コンタクトレンズを唾液で濡らして装着しない
・水ぶくれは破らない

食器やタオルなどを共用しない

単純ヘルペスウイルスの感染力は強くウイルスが付いたタオルや食器からも感染するのでこれらの共用は避けてください。
・食器は洗剤で洗う
食器ついた唾液の中でかなり長い時間ウイルスは生き続けます。洗剤できちんと洗いましょう。
・タオルは日光によく当てて乾かす
ほかの洗濯物と一緒に洗ってかまいません。