蜂窩織炎

症状

患部の皮膚が腫れて痛みがあり板状に赤くなります。発熱悪寒(ひどい寒気)などの全身症状をともなうこともあります。

原因

黄色ブドウ球菌A群β溶血性レンサ球菌などが小さいキズから入り込むことによる細菌感染症です。

治療と予防

抗菌薬の内服により治療しますが、重症の場合は入院して点滴を行います。症状によっては患部を切開し、患部の中の膿を出す治療をします。

一言アドバイス

放置すると敗血症などになり、基礎疾患のある方には生命の危険もある病気です。速やかに治療を受けましょう。