やけど

症状

赤い斑(I度)、水ぶくれとそれが破れたあとの潰瘍(II度)、皮膚が黒く壊死している(III度)の重症度の状態に分けられます。

原因

皮膚に熱が加わることで発生します。
とくに冬季は、湯たんぽカイロなどによる低温やけどが多いです。

治療と予防

外用薬で治療をします。やけどの範囲、深さにより治癒までの時間は異なります。
予防では、湯たんぽやカイロを使用する場合は、皮膚に直接触れないようにしましょう。

一言アドバイス

低温やけどは見た目よりも重症です。必ず医師の診察を受けましょう。