アトピー性皮膚炎

症状

かゆみのある湿疹が、体全体に特徴的な分布を取りながら、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性的に続きます。目安として、小児では2か月以上、大人では半年以上症状が続く場合、アトピーを疑います。

原因

アトピー性皮膚炎の患者さんで起きている肌荒れは、肌の表面にアレルギー物質が付いて起きるアレルギー反応です。アレルギー反応が起きる原因は大きく2つあり、1つは肌質を決める遺伝的な要素(肌荒れ体質)と、もう1つは生活中のアレルギー物質(ダニやほこりなど様々)です。肌荒れ体質がある場合、アレルギー反応は起こしやすくなります。

治療と予防

アトピー性皮膚炎でみられる発疹は、一つ一つは「湿疹」というアレルギー反応です。肌の調子を整える保湿剤に加え、湿疹を抑える塗り薬であるステロイド軟膏やタクロリムス軟膏、飲み薬の抗アレルギー剤や免疫抑制剤を処方します。湿疹の強さや、薬剤への反応を見ながら、薬を少しずつ変えて、効果と副作用のバランスを見ながら、ひとりひとりに合う治療を見つけます。
今年に入り、かゆみや湿疹の強い方に使う特殊な注射の治療薬が登場しましたが、クリニックでは実施しておりません。いままでの治療で効果が乏しく、治療にかかる金銭的な負担も十分に理解して頂いている方で、必要な際は紹介状を作成します。
標準的、効果的、継続性のある治療を実施しますので、いわゆる「脱ステロイド療法」と呼ばれる特殊な治療は当クリニックでは実施しません。同じ理由から漢方薬は処方していません。

その他

アトピー性皮膚炎に関しては、担当医師が浜松医大研究室在籍時に、様々な角度から重点的に研究していたものです。